こども工作レシピ

簡単手作りアドベントカレンダーの作り方

 

手作りアドベントカレンダーでクリスマスをカウントダウン!

手作りアドベント

12月1日からクリスマスイブまで、1日1つずつ包みを開けていきます。

中には息子達が大好きな飴玉やチョコレートが入っています。自分で作れば市販品よりも安く 自分好みに作れるところがいいですね。

スポンサードリンク

クリスマス用簡単アドベントカレンダーの作り方

●ツリーはトイレットペーパーの芯を4等分したものです。

手作りアドベント

ホッチキスでバチンバチンととめて、ツリーの形にします。

手作りアドベント

シンプルです

手作りアドベント

飴玉やチョコやマシュマロなどを半分に切った折り紙で包んでツリーにつっこみます。息子達が寝た後にせっせと作ってます。

 

●家は、ラップの箱をひっくり返して、ちょうどいい大きさに切って使っています。

屋根と窓をレンガ(四角に切った厚紙)をノリやテープで止めて完成。

手作りアドベント

家の屋根は使い終わったシールの切れはしが残っていたので、丸く切って4才の次男にはってもらいました。

 

●その他のものは、イロイロな大きさにお菓子をつつんで、数字をつけて飾りました。

ラップの芯はポッキーをいれるのにちょうどよかった♪

手作りアドベント

雪だるまもトイレットペーパーの芯です。

手作りアドベント

クリスマスが近づくにつれて、ちょっとだけお菓子がグレードアップしていきます。

自分でアドベントカレンダー作り方のコツ

お菓子+クリスマスということで子どもウケが最高にいいです。

長男(6才)も次男(4才)もこのアドベントカレンダーを楽しみにしてくれています♪
1日に何度もカレンダーを見にきては、おいしい想像をしている様子。

手作りアドベント

誘惑に負けそうなお年頃なので手の届かない場所に設置。

1日1個しか開けられないもどかしさもあるけど、色々な形の包みがワクワクするようです。

本来なら24日分まで作るものですが、24日は朝からオヤツをたんまり貰えるイベントに参加予定だったので23日までしか 作ってません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

↑上へ