こども工作レシピ

手紙の暗号で子ども宝探し 5才6才7才の遊びながら頭も使おう!

 

こども宝探し手紙を読んで暗号を解き明かせ!知育にも

こども宝探し

手紙を集めることで宝の場所が示されます。

「ベ・ラ・ン・だ・を・み・て」

スポンサードリンク

暗号わかるかな?こども宝探しの方法

宝の隠し場所の文字を入れて手紙を書いて 隠しておきます。

(もちろん事前に宝をかくしておく)

↓こんな感じで

こども宝探し

(1)の手紙を子どもに渡したらスタートです。

 

①から⑦の文字を順番に集めていくと、「べ・ラ・ン・だ・を・み・て」。

宝のかくし場所は「ベランダ」です。

こども宝探し作り方のコツ・反省点

こども宝探しのお手紙集めて解読バージョン。
手紙の指示どおりに動くタイプの宝探しよりも、やや高度になります。年齢に合ったひらがな、カタカナ、数字、英語も さりげなく混ぜて作ると知育になりそう♪

大雨で出かけられない日、7才と5才の頃に作って遊びました。
手紙は多く作って、宝の隠し場所の文字も多めにしたので、結構難しかったようですが、それでも楽しくて探しながら ウホウホしてました♪

 

【追記】
 実際にやってみて気付きました(゚ロ゚;)
 最後の「ランドセルのなかをさがして」と「①から⑦のもじをならべてみよう!」の部分は切り離して隠すべきでした。

 そしてランドセルのなかに「①から⑦のもじを・・・」の手紙を隠せばOKです。わかりにくくなっちゃってすみません。

 

↑上へ