こども工作レシピ

牛乳パックでからくり貯金箱の作り方 4年5年6年生むき

 

牛乳パック簡単工作でからくり鍵つき貯金箱の作り方

貯金箱工作

鍵穴を下にして振ると、貯金箱に鍵がかかって開かなくなります。

鍵の解除は、鍵穴を上にして振ると開きます。

スポンサードリンク

牛乳パックでしかけ①を作る

牛乳パックを画像のように切り、長い部分を折ります。

1枚ずつ木工用ボンドをつけて乾燥。

貯金箱工作

※丸の部分はトイレットペーパーを当てて丸を書いてから まわりを大きめにカッターで切る。

ペットボトルキャップとトイレットペーパー芯でしかけ②を作る

牛乳パックとトイレットペーパーを画像のサイズに切ります。

貯金箱工作

2つのペットボトルキャップの中にビー玉を入れて、ビニールテープでとめる。

はじめに作った丸穴のしかけを、牛乳パックの底に、たっぷりのボンドでつける。

そのまま一日以上しっかりと乾燥させる。


ここがからくり貯金箱で一番大事なしかけ

トイレットペーパーの芯を、牛乳パックの三角の部分にホッチキスでとめます。

※三角を折ったときに、トイレットペーパー芯が壁につくようにつける。

赤い矢印のように、つなげてないペットボトルキャップをトイレットペーパー芯に入れてボンドで壁につける。

逆側の三角にも同じようにトイレットペーパー芯をホッチキスでとめ、つなげたペットボトルキャップを入れて三角を折る。

貯金箱工作

トイレットペーパーの芯は、画像の赤い線のようにセロテープでしっかりとめる。

上から見たときに、二つのトイレットペーパー芯がまっすぐになっていて、その中をつなげたペットボトルキャップが移動すればOK。

アクリル絵の具で黒色をぬり、乾燥させる。

この工夫でふると鍵がかかる貯金箱に!

お金を入れる穴をあける。

三角の部分をセロテープでとめ、牛乳パックの飲み口の部分を閉じてボンドでとめる。

※上に本など、おもりを置いて乾燥させる。

↓鍵が開いている状態 と 鍵がかかっている状態↓

貯金箱工作

別紙で鍵穴をつくり、鍵がかかる面にはる。

角にはるテープはなんでもいいが、できれば2色使って同じ色の面を作ると 開け閉めするときに正しい面がわかりやすいですよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

↑上へ