こども工作レシピ

簡単かわいいペットボトル貯金箱の作り方5年6年生 むき

 

夏休み工作でペットボトル貯金箱の作り方

ペットボトル貯金箱

ビーズとペットボトルで作る宝石箱のような貯金箱。

こんなにかわいいのに作り方は簡単なのです。

スポンサードリンク

ペットボトルを輪切りして、お金を入れる穴をあける

ペットボトルはマスキングテープなどをはって、なるべくまっすぐに切る。

カッターは弱い力で何度も同じ場所をなぞるようにして切るのがコツ。

ダンボールを、貯金箱の底にするために丸く2枚切る。

そのうちの1枚はすこしだけ小さめに切って、2枚をボンドでつける。

 ※ダンボールが汚い場合は、折り紙をはって見た目をきれいにする。

ペットボトル貯金箱

【黄やじるし】カッターでお金を入れる穴をあける。難しい場合は大人に手伝ってもらう。

【赤やじるし】穴をあけて、大き目のビーズを表にとめ、裏側は小さめのビーズでとめる。

【青やじるし】穴をあけて、折ったつまようじに輪ゴムをひっかけ、セロテープでとめる。

★★★のところで、ダンボールとペットボトルをセロテープどめする。3カ所くらい。

テグスにビーズを通し、両面テープの上に2列になるようにとめる。

ペットボトル貯金箱にビーズをはりつけていく

使ったビーズは100円ショップで買った2つ。小さいのと大きいビーズ。

小さいビーズは、つなげて両面テープかボンドではっていく。

ペットボトルキャップもボンドでビーズをはる。

ペットボトル貯金箱

白系のビーズはボンドで1つずつつけていきます。

線のようにボンドをだし、その上にピンセットでビーズをのせていくと仕上がりがきれいです。

そのまま一日以上しっかりと乾燥させる。

ペットボトルキャップの上や側面にもボンドでビーズをつけて乾燥させる。

ペットボトル貯金箱完成!

大きいビーズに輪ゴムをかけて使います。

お金を取り出すときは、輪ゴムを外すだけ↓

ペットボトル貯金箱

ビーズのもようは自由につけるといいです。適当でも大丈夫。

ちなみに、この作品はピンク枠の中の図案で作りました↑

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

↑上へ