こども工作レシピ

牛乳パックからくり工作 2年3年4年5年6年生むき

 

牛乳パックで作るからくり工作・宝を守れぱっくんワニ

からくり工作

ワニの口の中の宝をとるとガブリと噛まれます。噛まれる前にすばやく取ろう!

金色にぬった石を取ると重さで口が閉じる仕組みの遊べるからくり工作です。

スポンサードリンク

低学年~高学年にオススメ遊べるからくり工作

●洗って干した牛乳パックを開いて、こんなかんじでパーツを作ります↓

からくり工作

目の大きなパーツと、手足、尻尾、せびれをボンドでつけます。

(歯と目玉は色をぬってからつけるとキレイです)

ボンドの乾燥中にずれてしまう時は洗濯ばさみで固定すると便利。

からくり工作のポイント

●口の内側の上には小石を入れてあります。

ビー玉より大きいくらいのがちょうどいいです。

カラクリ工作


●外側を着色してから歯と目をボンドでつけました。

外側の着色は、まず白色のアクリル絵の具をぬって乾いてから茶色アクリル絵の具です。 こうすると牛乳パックの文字が透けません。口の中はそのまま黒色アクリル絵の具をぬります。

ペットボトルのキャップの横に穴をあけ、たこ糸をむすび、ワニのお尻ちかくに穴をあけて通して、頭付近でテープどめ。

バランスを調整しながら たこ糸の長さを決めるといいです。 

からくり工作

宝物は白色→金色のアクリル絵の具をぬった小石です

よく見ると黒いペットボトルのキャップの上にのっているのがわかりますか?

丸くてペットボトルキャップにのる大きさ小石を探します。

小石に白色アクリル絵の具をぬって乾いたら、金色アクリル絵の具をぬる。

からくり工作

ガブリ。

金色の宝(小石)を取るとペットボトルキャップが軽くなり、ワニの口が閉じる仕組み。

スポンサードリンク

作り方のコツ

絵の具は、1回ぬって→かわかして→もう1回ぬる のがコツです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

↑上へ