こども工作レシピ

宝石箱ペットボトル貯金箱の作り方 高学年むき

 

夏休み工作でペットボトル貯金箱の作り方

ペットボトル貯金箱

ペットボトル、モール、ビーズで作る宝石箱のような貯金箱。

普通にかざっておくだけでもかわいい。

スポンサードリンク

ペットボトルの切り方がポイント

ペットボトルを13cmくらいの長さに輪切りする。

カッターは弱い力で何度も同じ場所をなぞるようにして切るのがコツ。

下から4.5cmのところで輪切りにするが、1cmだけ残して切る(画像左下)

(画像右上のようにペットボトルの底をつっこむと切りやすい)

ペットボトル貯金箱

キリで穴をあけ、輪ゴムを通してつまようじをひっかけてセロテープどめ。

洗濯ばさみで押さえながらモールをボンドでつける。

(20~30分くらいでボンドが半乾きになったら洗濯ばさみをとる)

モールを木工用ボンドでつける

はじめにボンドをぬり、その上にモールをのせていきましょう。

モールは洗濯ばさみやマスキングテープで固定する。

(20~30分くらいでボンドが半乾きになったら洗濯ばさみをとる)

お金を入れる穴をカッターであける。(むずかしいときは大人に手伝ってもらう)

ペットボトル貯金箱

テグスでつなげたビーズ大をつけていく。

(テグスのとめ方は↑図のとおり)

ペットボトルの側面に小さなビーズをつけていく。線のようにボンドをだし、その上にピンセットでビーズを のせてもようを作る。(もようは↓画像をチェック)

そのまま一日以上しっかりと乾燥させる。

モールで上につける飾りを作る

大きいビーズにモールを通す。

ビーズを中心に十字架になるように、ビーズの裏側で折っていく。

ペットボトル貯金箱

④まできたら、やじるしのところでもう1本モールをつなげて長くする。

つながるときは、2本のモールを重ねてラジオペンチなどでねじる。

ダンボールで底を作ってボンドでつける

ダンボールを丸く切り、銀色の折り紙かアルミホイルをはる。

ペットボトル貯金箱

ダンボールに木工用ボンドをつけ、ペットボトルにつけたら上におもりを置いて乾燥させる。

木工用ボンドでビーズでかざりつける

大きめのビーズをボンドでつけていきます。

ずり落ちてくるので、だいたい乾くまでマスキングテープでとめておく。

ペットボトル貯金箱

ペットボトルの飲み口に両面テープをはり、モールをぐるぐると巻きつけていく。

ペットボトル貯金箱

モールがとびだした時はボンドをつけてマスキングテープで乾くまでおさえる。

好みでビーズやモールで飾りなどをつけたら完成。

ペットボトル貯金箱の開け方動画

開き方がエレガント。

ビーズのキラキラがきれいで飾っておくだけでもかわいいです。

※ 衝撃に弱いので、落としたりしないように気をつけてください。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

↑上へ