こども工作レシピ

古着リメイクで手作りハンバーガー お店屋さんごっこ

 

3歳4歳5歳6歳むけ手作りお店屋さんごっこ遊び

古着ハンバーガー

スナップで具材を自由に変えてハンバーガー屋さんごっこ遊び。おまけにポテトもつけて。

メニューの写真を見ながら、注文どおりのハンバーガーを作る作業は遊びながら知育にもなりそうです。

スポンサードリンク

注文どおりの食材でハンバーガーを作れるかな?

●子どもの手のひらサイズにパンと具を作ります。

パンとトマトソース以外には裏表にスナップを 取り付ける。

(パンは不要になった帽子を使用。ちょっと固めの生地です)

お店屋さんごっこ

ポテトはサイズアウトした黄色い肌着を利用。ギュッギュッときつく巻いて縫っただけでポテトっぽくなりました。

 

●緑のレタスはフエルトを2枚ずらして重ねてかるく縫っただけ。

赤いトマトソース部分は赤いヒモをぐるぐる巻いて適当に縫いあわせただけ。

お店屋さんごっこ

白い古着を再利用してライスバーガーやオニオンリング

●フィッシュライスバーガーも作っちゃいました。

お店屋さんごっこ

フィッシュバーガー用のフィッシュフライ(ベージュ)

ライスバーガー用のライス(ホワイト)

オニオンフライ(縫って丸めただけ)

色々作れた方が楽しいみたいです♪

写真をみて注文どおりに作るの作業は知育になりそう

メニューはチラシやクーポンを切り、セロテープで強化したものです。

お店屋さんごっこ

注文すると3才の息子がメニューを何度も見比べつつ、注文どおりのハンバーガーを作ってくれます。

会計時に電卓をたたく作業も楽しそうです。

スポンサードリンク

幼児むき手作りお店屋さんごっこについて

あっという間にサイズアウトしてしまう息子達の古着を利用しました。

帽子や肌着も古着を再利用して作ったので材料費もほぼゼロ。捨てる前におもちゃとして再活用するのはエコですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

↑上へ